センター数学

センター数学

平成25年度センター試験の報告の題1号は、『今年は傾向が変わりました。』でありました。
「そうか、本試に向けて対策しよう』と答え、センター試験の問題見てみましたが、それほど変わった様子は無い。
確かに、出ている単元は少しだけ違っていた。
しかし、基本を聞いていることに変わりは無いし、大したレベルの問題では無い、というのが初感です。
今言えるのは、『基本を大切に』です。当然、数学の基本とは、

『センター試験の数学で満点取ってみたい』
『センター試験の数学では1点も落とせない』
『数学は苦手だけど、センター試験では1点でも多く取っておきたい』

そう願っている人は多いと思いますしかし、現実は、

『模試を受けてもなかなか得点できない』
『たかがマークなのに』
『やっぱり数学は才能かな』

そう感じている人は多いのではないでしょうか?
しかし、あきらめるのはほんのちょっと待って下さい。
あなたがセンター試験の数学で満足のいく点数をとる方法はあります。
あなたが満足する点数が80点なのか、90点なのか、100点なのかわかりません。
でも、今のままセンター試験を受けるよりは確実に得点をあげる方法があるのです。
その方法をお伝えする前に、あなたに聞いておきたいことがあります。
あなたはセンター試験数学の対策はどうしていますか?

『マーク対策問題集をやっている』
『学校でやっている対策に頼っている』
『2次試験でも数学があるので、それで十分だから対策はしない』

他にもあるでしょうが、センター試験で対策をしないというのは「もったいない」というしかありません。
対策が簡単だからです。センター試験はセンター試験です。
マーク方式なので本試験の数学より簡単に思えるかもしれません。
本試験のレベルが高い人は、本当にレベル的には簡単なのかもしれません。
では、レベルの高い本試験を受ける人たちが全員満点を取っているかというとそうではありません。
東大を受験する人がセンター試験の数学で全員が満点とっているかというと、事実そうではないのです。どういうことか?

それはセンター試験はセンター試験であり、センター試験以外の何者でもない、ということなのです。
センター試験にも傾向があって、クセがあって、センター試験専用の対策ができるということなのです。
何が言いたいかというと、『対策が必要ですよ』、といいたいのです。

『そのくらいわかっているよ。それでも点数が取れないんじゃないか。』
とお叱りが聞こえてきそうなのでそろそろ対策の仕方についてお伝えしていきましょう。

センター試験の対策方法それは、、、センター試験を知ることです。
「ばかやろーセンター試験ぐらい知っとるわ」って、まあ待って下さい。
もちろんセンター試験は知っていると思いますが、センター試験の性格やセンター試験にあるクセを知っていますか?
これを知れば、必ずあなたの得点は上がります。満点取ることも十分に可能です。
実際にセンター試験で満点とっている人は毎年たくさんいます。
その人達に共通することは、センター試験の数学を良く知っているということなのです。


■■■ おススメ書籍 ■■■

決定版 センター試験 数学Ⅱ・Bの点数が面白いほどとれる本


センター試験の過去問を分析し、丁寧に説明された「パターン編」、
厳選された良問・センター本試の問題が完全収録された「演習編」、
センターの出題傾向・形式に完全合致した「予想問題」から構成。




著者:志田 晶